歯医者のレーザー治療

ホームへ戻る >  赤ちゃんと販売水  > 歯医者のレーザー治療

歯医者で虫歯の治療というと、虫歯を削るとか、歯を抜いてしまうといった治療法をイメージする人も多いのではないでしょうか?確かに歯を削ったり、抜いたりする治療が、今でも主流であることは確かです。しかし歯医者の業界も、常に進歩しています。最近では、歯を削ったり抜いたりするのにとって代わるような、虫歯の治療法もいろいろと開発されています。


例えば、歯医者の中には、レーザーを使って虫歯の治療を実施している所もあります。特殊な医療用レーザーを患部に照射することで、虫歯菌に冒されている所を蒸発させることができます。レーザーのエネルギーを集中させることで、虫歯菌を破壊することができると言われています。

レーザーの場合、ドリルを使って穴をあけるような工程がありません。ドリルを使う時に独特の嫌な音や振動に耐えられない、と感じている人も多いのではないでしょうか?この不快な音や振動を感じることなく、治療を受けることができます。またドリルで歯を削るのと比較して、痛みをさほど感じなくて済むという所も魅力です。


しかもレーザーを照射すると、その部分に殺菌効果を施すこともできると言われています。このため、虫歯が再発するリスクを少なくすることもできるのです。他にも、出血しづらく、出血をした場合でも止血効果に優れていると言われています。このため、患者が治療を受けている時に、余計に肉体面で消耗することを防ぐこともできると言われています。