一戸建てのメリット

ホームへ戻る >  インプラント手術を静脈内沈静法で行う  > 一戸建てのメリット

一戸建てはすべての世帯の夢、といってもよいでしょう。住宅を購入するならやはりマンションよりも一戸建てを望む家庭も多いはずです。その背景には「マイホーム=一戸建て」というイメージもあるわけですが、実際に暮らす物件としてのメリットも多々あります。では具体的にどのようなメリットが期待できるのでしょうか。


最初にあげられるのはやはり満足感でしょう。自分だけの家を持ったという達成感と充実感はマンションでは決して味わうことができないものです。そして基本的にはすべての空間が自分たちのものとなります。マンションのように共有スペースがなく、他の住民のことを気兼ねして使用する必要がない点に最大の魅力があります。

それからプライバシーを保護できる点。共用スペースに関わる問題ですが、敷地内は原則として自分たちだけが使用することになりますから、部屋の前を他人が頻繁に通り過ぎたり、日常生活で使用しているものをチェックされるような機会がほとんどなくなります。他人の目を気にして生活を送らなければならない、周りの人にどう思われているのか意識しながら生活環境を築かなければならないといった問題点がなくなります。


また、資産価値についても忘れてはならないでしょう。持ち家の場合、土地を所有しているという大きなメリットもついてきます。マンションの場合、土地の所有分が少ないため、建物が古くなったり、設備が時代のニーズに合わなくなると資産価値がどんどん目減りしていきます。それに対し一戸建ての場合は経年でも最低限土地の価格が資産価値として残るのです。こうしたメリットがあるからこそ、多くの人が夢として抱き続けるのではないでしょうか。