ファミリー向け賃貸住宅

ホームへ戻る >  インプラント手術を静脈内沈静法で行う  > ファミリー向け賃貸住宅

子供がいる家庭が賃貸住宅を借りるときには、近くに学校や公園などがあるかどうか、病院はどこにあるか、など生活をする環境に重点をおいて物件探しをすると良いでしょう。ファミリー向け賃貸住宅は狭くても1DKの広さがあり、駅からの距離もさまざま。住宅街の中に一戸建てに混じって建っている事もありますし、公園などの近くに他のファミリー向けアパートと並んで建てられている事も多いようです。都心部では高層マンションタイプの住宅もあり、駅近物件なども見つける事が出来ますが、低層アパートタイプは駅からわりと離れた場所に建っている事も多いので、子供の学校の事を考えながらも、親の通勤ルートなどもきちんと考えながら物件を選ぶようにしたいですね。


ファミリー向けの賃貸住宅には、アパートやマンション以外にも、貸し出されている一戸建て住宅や、家賃を安く抑える事が出来る公団・公営住宅などもあります。子供がいない共働きのカップルに人気があるのは高層マンションタイプですが、小さな子供がいる家庭に人気があるのは低層タイプのアパートや公団タイプのようです。

ファミリー向け住宅には小さな子供がいる家庭もたくさん入居しているので、少しぐらいの騒音ならみな「お互い様」と気にしないように生活している事が多いようです。しかし、鉄筋コンクリート造の建物でも、子供がバタバタと家の中を走り回ればやはり階下には足音が響きます。子供を思い切りのびのびと育てたい(=家の中で走るなと注意するのは気が進まない)という人は、1階部分を借りるなど工夫する事もできますね。