注文住宅と地盤調査

ホームへ戻る >  インプラント手術を静脈内沈静法で行う  > 注文住宅と地盤調査

自分の理想に適った家を建てることができる注文住宅。夢のマイホームを実現する最高の選択肢といわれています。しかしそれも理想の家を建てることができる土地があってこその話。とくに地盤の問題は家作りに直接の影響を及ぼすことになるだけに事前の確認が不可欠となります。


まず土地を購入する際に地盤調査をしておくことが求められます。地盤が緩いと希望通りの家を建てることができない可能性が出てきます。建てる家が木造化、鉄骨作かなど構造によっても求められる地盤の強度が異なってきます。もし地盤が緩かった場合、家を建てる前に地盤を強化する工事を行う必要がでてきます。当然その分余計な費用がかかりますし、工期も長くかかってしまいます。通常、土地探しの際には不動産会社が地盤調査を行ってくれますが、必要とあれば自費での調査も必要となるかもしれません。とくに今済んでいる場所に注文住宅を新築する場合には重要なポイントとなってくるでしょう。

調査をする前に地盤の状態を確認することも可能です。たとえば周囲の建物の状況。基礎や外壁にヒビが入っている家がある場合、地盤が緩い可能性があります。また近くに川や沼地、湖がある場合には土地に水気が多い可能性があります。さらに地名に水に関わる字が使用されている地域はもともと土地に水気が多く、埋め立てて使用されている可能性があります。こうした点にも注意しておくようにしましょう。せっかく土地を購入したのに地盤が原因で注文住宅を建てることができない、あるいは建てた後に傾きやヒビ割れといった問題が発生する、そんなことがないよう、地盤調査はしっかりと行っておきたいところです。