入れ歯をコンフォートにする

ホームへ戻る >  新築マンションの口コミ  > 入れ歯をコンフォートにする

コンフォート入れ歯にすれば、外れにくく、痛みにくいものになり、元気な歯茎を長持ちさせられます。コンフォートとは、英語で快適や慰めを意味するコトバです。入れ歯はありがたい反面、ガマンしなければならないことも多いものですが、それを解決できる技術が開発されています。


コンフォート入れ歯とは、歯茎に当たる部分に生体用シリコンを貼り付けたものです。やわらかいのでクッションとなってくれ、噛んだときに痛みがすくなくなります。また、弾力性に富んでいるため歯茎に張り付きやすく、外れたり食べ物がはさまったりすることが減ってきます。

固い入れ歯を使っていると、骨吸収がされやすく歯茎がやせてきてしまいかねません。骨の性質として、常に強いちからがかかっている部分やまったく刺激がない部分は骨吸収されてしまい、やせ細っていきます。そのために、あごの骨がどんどんやせていくと、入れ歯を装着することさえむずかしくなってしまうのです。また、固い義歯によって歯茎の粘膜が炎症をおこしてしまうこともあります。


安定剤を使用することも、それが長期間にわたると歯茎をやせ細らせてしまう、といわれています。


シリコンをかぶせることで、やわらかくピッタリした噛み心地を体感できるのです。今つかっているものに、シリコンをかぶせることも素材によっては可能です。シリコン素材の料理道具やスマートフォンケースなどもありますが、傷つかない、すべりにくいといった素材の特性が歯の治療にも生かされているのですね。