一戸建て購入のポイント

ホームへ戻る >  新築マンションの口コミ  > 一戸建て購入のポイント

一戸建て購入のポイントを一つ紹介しましょう。これは見落としがちなポイントですので、是非知っておいてもらいたいものです。それは、一戸建て購入の際に「点検口」があるかないかを重視してもらいたいということです。なぜ「点検口」のない家は購入しない方がいいのかを説明します。


点検口とは、床下や屋根裏などでなにか不具合が生じたときにそれを調査するための穴です。たとえば和室の畳をあげると床下点検口があったりするはずです。しかし、点検口はない家も存在するのです。特に中古の古い物件などは、床下収納もなく点検口のないことが多いです。もし点検口のない家で床下において不具合が生じたときは、床を点検するために壊さなければなりません。そして、もし何も不具合がないことがわかったときには、わざわざ壊した床を修復するという工事が必要になるわけです。それが、元々床下点検口のある家ならば、自分で点検口の蓋をあけて点検すればよいだけの話になってきます。明らかに、点検口のない物件は時間とお金の無駄ではないでしょうか。

さらに言えば、点検口のない一戸建てというのは、設計者が住む人のためを思って設計していない恐れがあるという話にもなってきます。設計者が居住者のことをよく考えて住みやすい家を設計したのだとしたら、自然と点検口を設けるはずなのです。それがないということは、点検口の欠如以外にも問題点がある家なのかもしれません。


以上のように、点検口の有無に気をつけることが、一戸建て購入のポイントのひとつということがご理解いただけたでしょうか。