注文住宅におけるシックハウス対策

ホームへ戻る >  新築マンションの口コミ  > 注文住宅におけるシックハウス対策

住宅を巡る環境で今大きな問題となっているのが、シックハウス。その家に住み続けているだけで、知らず知らずのうちに健康を害されていることもあります。化学物質を使用した資材で建てられた家ではこのシックハウスのリスクが潜んでいる場合もあるのです。


そのため、シックハウス対策という観点で注文住宅に関心が集まりつつあります。注文住宅ならあらかじめシックハウスの危険性のある資材を排除したうえで家を建てることができます。シックハウスの最大の原因と言われているホルムアルデヒドが使われていない資材を使用することはもちろん、キシレンやトルエンといった他の原因物質も事前にしっかりと確認し、排除することで対策をしっかり行うことができるのです。注文住宅を建てる際には間取りや外観だけではなく、資材についても注意を向けるべきでしょう。

また、間取りを配慮することでシックハウス対策を行うこともできます。シックハウスの原因は化学物質のほかにも換気不足による室内の空気環境の悪化、高い湿度によるダニ・カビの発生なども挙げられます。これらは計画的な換気を行える間取り、あるいは吸湿性に優れた素材の使用などによって防ぐことが可能です。


家を建ててからでは対策が困難なのがシックハウス。その意味でもあらかじめ対策を行ったうえで建てることができる注文住宅のメリットは非常に大きいといえるでしょう。いつ、誰が発症するかわからないものだけに、注文住宅を建てる際には意識して臨みたいものです。