月経前症候群と漢方薬

ホームへ戻る >  エアコンクリーニングがもたらす効果  > 月経前症候群と漢方薬

排卵が終わり高温期に入ったのち、月経が始まる前の期間に身体の不調や気持ちの落ち込みなどを感じる方の中で、特に生活や対人関係に支障をきたしてしまうほどの症状を持った方は「月経前症候群(PMS)」と診断されることがあります。セルフケアや婦人科で適切な治療を受けることで症状をかなり和らげることができます。病院では、月経前症候群の治療法の一つとして漢方薬を処方することもあります。

月経前症候群用の漢方薬は漢方薬局でも購入することができますが、誰もが飲みやすい医師が処方する医療用漢方薬も選択肢の一つとしてあげられます。よく使われている漢方薬としては、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)等があげられます。漢方薬は穏やかな効き目を持ちますので、根気強く飲み続けることが必要です。


漢方薬局でカウンセリングの上で漢方薬を処方してもらうことが一番なのですが、高価ですので飲み続けることができないという場合もあるようです。医療用の漢方薬は健康保険が適用されますので、低用量ピル(OC)での治療やホルモン薬等の処方薬に抵抗を持っている方は婦人科から医療用の漢方薬を処方してもらうのが良いでしょう。漢方薬で症状が緩和されない場合や、毎月つらい気持ちを持ち続けている方は我慢や無理は禁物です。医師に相談の上処方薬の投薬に切り替えることも大切です。