家を建てる際の注意点

ホームへ戻る >  特殊な歯の矯正法~ヘッドギア  > 家を建てる際の注意点

家を建てる際には、いくつか注意しておかなくてはならない事があります。ハウスメーカーには、有能な設計士や監理的な立場の人間はいても、工事を実際に手がける職人がいることはほとんどありません。つまり、協力してくれる工務店の方に依頼をし、工事を行ってもらうのです。ということは、家の善し悪しは工務店の善し悪しと同じだと言っても言い過ぎではないかもしれません。家を建てるうえでたくさんの注意点はあるのですが、構造面での注意点について紹介していきましょう。

木造住宅、鉄筋コンクリート住宅など構造自体が違う場合、それぞれに注意しなければいけない事があります。木造には木造の良さがあり、デメリットもあります。鉄筋コンクリートには鉄筋コンクリートの良さがあり、デメリットがあります。たとえば、木造の家を建てる際は耐震性や木の反りなどの問題や不安な部分が発生しますし、鉄筋コンクリートなら錆やひび割れなどの問題が発生してきます。一概にどちらが良くてどちらが悪いとも言えません。木材を使った住宅は、基礎工事がしっかりとできていれば問題はありません。工務店の方がしっかりと行ってくれれば耐震性に優れた家を建てる事ができるのです。


木造だからダメ、鉄筋コンクリートだからダメということではなく、両者の良い部分が引き出されるような工事をしてくれるハウスメーカー・工務店探しをしていくことが大切です。初めて家を建てる方にとって知らない用語や事ばかりが耳に入ってくるとは思いますが、理解できるまでアドバイスをもらい、自分でも調べていくようにしましょう。