特殊な歯の矯正法~ヘッドギア

ホームへ戻る > 特殊な歯の矯正法~ヘッドギア

歯科でホワイトニングをする流れ
歯列矯正と歯科医
家の建替え
家を建てる際の注意点
TV通販の支払方法

歯の矯正は通常、歯と歯を矯正具で連結して、正常な歯列を土台として問題の歯に力を掛けて移動させます。しかし、このやり方にはかけられる力の方向に制限があり、場合によっては抜歯をしなければ歯の矯正が出来ないという例も多くあります。こうした問題を解決するために使われる矯正器具の一つに「ヘッドギア」での矯正法があります。


この矯正方法は、前歯全体が前に出ているのを引っ込めたいなど、広範囲に大きく矯正するときに使われる方法で、ヘッドギアをかぶって、ヘッドギアと矯正器具のワイヤーを連結することで力をかける土台とする方法です。利点としては通常の矯正より幅広い矯正に対応できるという点ですが、短所としては、非常に目立つ、ヘッドギアが煩わしいという部分が挙げられます。

スピード矯正とも呼ばれることのある「アンカーインプラント」はこの方法の発展形とも言える矯正法ですが、どちらにしても共通しているのは、歯以外の場所に歯の矯正をするための土台を用意するということです。ただ、ヘッドギアを使用する場合は、アンカーインプラントと違って特別な手術などを一切要しませんので、安全面や安心という点では大きく優れています。ただ、どうしても外見上の問題がありますので、成人での矯正にはほぼ使えず、小児の歯の矯正専用の方法だと言えます。顎の骨の成長を制御する効果も期待できることからも、成長期にある小児向けであると言えるでしょう。費用としては通常の矯正費用+ヘッドギア代と言った感じになるようです。