マイホームは住宅メーカーに頼むか、工務店に頼むか

ホームへ戻る >  新築のイメージ  > マイホームは住宅メーカーに頼むか、工務店に頼むか

マイホームを建てるときに問題になるのは、資金や立地のことだけではありません。住宅メーカーに頼むか、地元の工務店に頼むかということも、色々な要素が関わってくる問題なのです。1番大切なポイントは、自分との相性だと考えていいでしょう。業者それぞれにも設計思想や独自のデザインがあるので、それが自分に合うものなのかという点を重視して選んでいくのがいいでしょう。また、担当者との相性も大切です。大きなお金が動くことなので、信頼できる担当者がいることも重要なのです。

そして、マイホームを建てるには、当然資金という面も考えなければいけません。自分の理想どおりの設計図ができても、お金がなければ現物を建てることはできません。たとえば、住宅メーカーで同じ仕様の建て売り住宅を頼むのなら、大量生産によってコストを抑えることができるので、安くすることができます。いっぽうで、小さな下請け業者に工事を委託することがあるので、住宅メーカーではなく、その下請けが信頼できる業者なのかという問題が出てくるのです。


地元の工務店でマイホームを建ててもらう場合は、宣伝コストなどの上乗せ分がないことで、新築を設計から行なうものでもメーカより安くできる場合があります。また、土地勘などにも優れているため、優良な物件などを紹介してもらえるといった利点もあるでしょう。あとはアフターサービスや、保証制度などで比較をしてみるのもいいでしょう。最終的には前述のとおり信頼できるかどうかになってきますが、まずは複数の業者に見積もりを出してもらうのがいいでしょう。